書評

ブロガー誰しもがおすすめする「沈黙のwebライティング」の感想

こんにちはmochioです。

今回はブロガーに人気の本
「沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—」
を読了しましたので、感想を述べていきます。

本書のおすすめの方

  • わかりやすい文章が書けずに悩んでいる方
  • 検索エンジンに評価される記事を作りたい方
  • 記事を書いてもサイトの成果が出ず困っている方

沈黙のwebライティングの概要 (amazonより引用)

著者

松尾 茂起
京都のWebプランニングチーム「ウェブライダー」の代表として、様々なWebコンテンツのプロデュースやWebマーケティング支援を行なう。松尾シゲオキ名義では作曲家、ピアニストしても活動

上野 高史
奈良県宇陀市出身。美術系大学の在学中にイラストレーターとしての仕事を開始し、現在、京都を拠点にフリーランスとして活動中。キャラクターデザインを中心に、書籍やWebコンテンツ向けのイラストレーションを手掛ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

本の概要

発売日 : 2016/11/1
単行本 : 632ページ

沈黙のwebライティングの紹介文

Webで「成果を上げる」ための文章の書き方を実用入門書。
謎のWebマーケッター「ボーン・片桐」が活躍するストーリーを通じて、
SEOに強いライティングのノウハウを学ぶことができます。

本書はWeb上で連載され、大人気を博したコンテンツを書籍化したものです。

連載をまとめた本編全7話に、書籍だけの書き下ろしとなる本編エピローグ、
Webで成果を上げる文章を書くための手法や思考法を伝える
特別解説(約100ページ)を加えました。

特別解説は、ストーリーを通じて語られるさまざまなノウハウや考え方を、
より深く具体的に掘り下げた実践的な内容になっています。

Webサイトやブログの記事だけではなく、
ビジネス文書などにも活用できるライティング教本の決定版です!

沈黙のwebライティング 僕の感想

購入した経緯

数々のブロガーがおすすめするので、読んでみようと購入。
632ページもある大容量なので、持ち歩きやすさのことも考え、kindleで購入しました。
本書は 沈黙のwebマーケティングの続編になっていますが、
僕はこの続編である本書から初めて読みます。

内容について

本著は、googleに評価してもらい、集客・販売をするためのwebサイトを構築する内容になっています。
僕としては、リズミカルな流れるような文章が書けるようになりたいというニーズに応えるような本ではなかったので、単なる僕の選書ミスでした。

そして読者にわかりやすいようにするためか、漫画のパートが多いため、ページ数(本の重さ?)に対する情報量が少ないです。
正直この内容いる?ってことも多い気がします。
なので本の厚さが厚いわりに、2、3時間もあれば読めてしまいます。読了後のすっきり感は少なめです。

数々のブロガーが推す理由

漫画パートで読者の敷居を低くし、読みやすさを追求し
理解することが難しい・つかみどころのないSEOというものをかみ砕いて説明していることだと思います。

でも今の僕にはすこし読むのが早かった本かなぁ…
たぶん僕が深く理解できていないからその必要性を感じ取れなかったのだと思います。
amazon、楽天ともにレビューがめちゃくちゃ高いので、怒られそうです…

沈黙のWebライティング Webマーケッター ボーンの激闘 [ 松尾茂起 ]

価格:2,200円
(2020/11/17 22:05時点)

ABOUT ME
mochio
国公立の大学院修了後、町の工場へ就職した28歳。 大学での研究生活が縛りに縛られていたため、社会人になってからは興味を持ったものにはすぐに飛びつくようになりました。 現在はサウナと読書が生きがい。 当ブログは、日常にあるものをちょこちょことレビューしていくブログです。