ガジェット

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proのレビュー【ランニングに最適!】

こんにちは。mochioです。

僕のワイヤレスイヤホンがとうとう壊れてしまいました。

壊れたのはこれ
Anker Soundcore liberty air 2

壊れてしまった理由は・・・

洗濯したからです!!!

洗濯してしまった直後に乾燥させたら
一時は使えるようになったのですが、片耳が全く反応しなくなってしまいました。

ワイヤレスイヤホンを洗濯してしまった・・・復活するのか?こんにちは。mochioです。 最近の出来事です。 防水のイヤホンですが、洗濯をしていしまいました。 洗濯...

と、言うことで新しいワイヤレスイヤホンを購入しました。

買ったイヤホンがこれ
Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro


mochio
mochio
名前がなげぇ

ノイズキャンセリング機能を搭載していて
価格は13000円の完全ワイヤレスイヤホンです。

同じくノイズキャンセリング付完全ワイヤレスイヤホンのAirPods proが25000円なので、価格ga半分に抑えられたイヤホンです。

今回、このイヤホンについてレビューしていこうと思います。

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proのパッケージ

表面

パッケージからしてなんか高そう
紙が厚いです。

側面に磁石があり、表面を巻くように
紙が張り付いています。

裏側

イヤホンの推しポイントが載っています。

  • ウルトラノイズキャンセリング
  • 正確でクリアな音質
  • 高音も低温も自由にカスタマイズ
  • 外音取り込み機能
  • クリアな音声通話

基本的な表示が書いてあります。

  • 通信方式 Blietooth 5
  • 対応コーデック SBC/AAC
  • 再生可能時間 最大7時間(イヤホン)※ノイズキャンセリング使用時は6時間。外音イオン取り込み使用時は6.5時間
  • 最大26時間(イヤホン+充電ケース)※ノイズキャンセリング使用時は21時間。外音取り込み使用時は23時間
  • 防水規格 IPX4

IPX4とはmあらゆる方向からの水の飛まつを受けても有害な影響を受けない。
(防沫形)程度の防水機能です。

mochio
mochio
ランニングで汗をかいたり、雨の日の使用は問題なさそうですね!

開封


ケースとイヤホンが分かれて入ってます。

mochio
mochio
Join the Audio Revolution
音の革命に加われ!(適当日本語訳)


ケースとイヤホンの後ろに、説明書とTypeCケーブルがあります。


説明書の裏にはイヤーピース。

XXXS,XXS,XS,S,M+,L,XL,L+の8種類が入っています。
デフォルトでMサイズがイヤホンについています。

ケースとイヤホン

ケースはマットな質感ですが、手触りはつるつるした感じです。

Air2と比べるとつるつるした感じが違いますね。

イヤホンはブラックですが、ややグレーみがかかっています。

タッチで操作する部分は光沢があり、高級感があります。

右がAir2、左がPro
Air2であった赤いワンポイントが無くなっています。
Air2は丸みがかったデザインですが、
Proではややシャープな印象。


ケースに入れてみました。
ケースはスライドで全面が開きます。

片手で親指でサッと開けられるのが良い点ですね。

説明書 ペアリング方法

電源のON/OFFはふたの開閉によって行われます。

ケースを開けた状態がペアリング待機状態です。

ボタン操作もないです。

mochio
mochio
なんて簡単なんだ!

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proの使用レビュー

音質について

高い音はシャリシャリ・低い音はズンズン
いわゆるドンシャリなイヤホンです。

イコライザを手動で設定できるので、気になる方は調整することができます。

mochio
mochio
僕は音は気にしないレベルなので、イコライザは全くいじっていません

ノイズキャンセリング機能はどうか

ノイズキャンセリングは優秀です。
外で使ったときは、車の音が少し聞こえるくらいの遮音性です。

ノイズキャンセリングモードは
交通機関・屋内・屋外・カスタムの4種類が設定でき、
カスタムでは自由にノイキャンの度合いを調整することができます。

外音取り込み機能

コンビニのレジとかでいちいちイヤホンを取るのはめんどくさいですよね。

そんなことを考えているかたに向けた機能が「外音取り込み機能」です。

この機能によって、外の音を取り込んでイヤホンから
音として発してくれます。

しかし、このAnker Soundcore Liberty Air 2 Proの外音取り込み機能は満足いくものではありません。
ノイズキャンセリングで消したノイズが一気に発生した感じ。

外音を聞くというよりもノイズを聞くという感覚。

レジではおとなしくイヤホンを外しましょう。

外音取り込みモードでは、全ての外音を取り込む「全ての外音」と
話声だけを取り込む「音声フォーカス」の2種類を設定することができます。

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proのアプリ

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proでは、専用のアプリがあります。
アプリを使って、ノイズキャンセリング・外音取り込み機能を設定することができます。

イヤーピースが最適かどうかをテストする機能があります。

イコライザの設定もプリセットが 種類あり、もちろん手動でもいじることができます。

mochio
mochio
こだわりはないから標準にしています!


アプリを使ってイヤホンの操作をいじることができます。

ダブルタップと2秒長押しが左右で設定できるので、合計4種類の操作をすることができます。

  • 音量 小
  • 音量 大
  • 次へ
  • 戻る
  • 再生/一時停止
  • 音声アシスタント
  • モード設定(ノイズキャンセリングモード・外音取り込みモード・標準)

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proを使って周辺をランニングしてみた

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proを使ってランニングしてみました。

防水性能がIPX4ですので、汗でぬれても安心
イヤホンがずり落ちる心配はない
ノイキャンは完全にシャットダウンするわけではなく、車の音は結構聞こえる

こんな感想を持ちました。

ノイキャンで完全に音が消えるわけでもないので、車などの危険を避けることができるのもいいところです。

イヤホンは重くもないので、不快感もありません。

総じてランニングにはとってもおすすめなイヤホンです。

最後に

今回、以前使っていたイヤホンを洗濯して使い物にならなくなってしまったので、
新しくイヤホンを新調した記事を書きました。

イヤホンって新調するほど、価格が高くなっている気がする…

初めて買ったイヤホンが1000円くらいだったしね…

以上!mochioでした!


ABOUT ME
mochio
国公立の大学院修了後、町の工場へ就職した28歳。 大学での研究生活が縛りに縛られていたため、社会人になってからは興味を持ったものにはすぐに飛びつくようになりました。 現在はサウナと読書が生きがい。 当ブログは、日常にあるものをちょこちょことレビューしていくブログです。