ガジェット

ランニングには不向き?SONY WF-1000XM4を使ってみた

こんにちは。mochioです。

困っている人
困っている人
SONYのワイヤレスイヤホン WF-1000XM4について知りたい!
使い勝手はどう?ランニングに使用できる?

こんな方へオススメの記事です。

SONYの最高級完全ワイヤレスイヤホン WF-1000XM4を購入しました。
この記事では、WF-1000XM4の使用感についてレビューしていきたいと思います。

高価格帯のイヤホンになりますが、価格に負けない満足度がめちゃくちゃ高いイヤホンでした。

僕のワイヤレスイヤホンの使用歴

SONY WF-1000XM4レビューをする前に、僕のワイヤレスイヤホンの使用歴を紹介します。

NUARL NT-100 (販売終了)
Anker Soundcore Liberty Air 2
Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro

最近使用していたのは、Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro です。

こちらが僕史上初のノイズキャンセリングイヤホンになります。

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proのレビュー【ランニングに最適!】こんにちは。mochioです。 僕のワイヤレスイヤホンがとうとう壊れてしまいました。 壊れたのはこれ Anker Soun...

そこから、ワイヤレスイヤホンを新調することになり、WF-1000XM4を購入しました。


SONY WF-1000XM4の概要

今回購入したWF-1000XM4はSONYから発売している最高級のイヤホンです。

同価格帯では、Apple のAir Pods Proが挙げられます。

WF-1000XM4の同梱物

WF-1000XM4の同梱物は以下の通り

  • 本体
  • イヤーピース(本体含め3サイズ分)
  • USB Type Cケーブル
  • 書類もろもろ

WF-1000XM4の充電ケース

充電ケース本体


充電ケースは黒色に金色の文字でロゴが入っており、高級感がある見た目をしています。

またマットな質感で手になじむのも特徴です。

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proとのサイズ比較


Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro とサイズを比較してみました。

サイズを比較してみると、WF-1000XM4の方がコンパクトに仕上がっています。

イヤホンの収納状態

充電器を開けると、イヤホン本体が収納されています。

充電器におけるイヤホンのサイズが多くを占めており、充電ケースのコンパクト感が際立ちます。

また、イヤホンは磁石でくっついているので、充電器からこぼれ落ちることはありません。

充電はTypeC

充電はUSB TypeCケーブルを用いて行います。

また置くだけ充電も対応しているのもポイントです。

充電ケース+イヤホンの重さ


イヤホンを収納した状態での重さは54g


一方こちらはAnker Soundcore Liberty Air 2 Pro。


サイズ、重さともにWF-1000XM4がすぐれています。

WF-1000XM4のイヤホン

外観

WF-1000XM4のイヤホンは、イヤーチップにウレタンを用いています。

そのため通常のイヤーピースよりも密着感に優れ、純粋に音を楽しむことができます。

一方、水に弱いのが欠点で、お手入れする際には乾いた布でふき取る必要があります。

重さ


片耳の重さは7gでした。

WF-1000XM4を1週間つかってみた感想

WF-1000XM4を1週間使ってみた感想は以下の通り

  • 音質がイイ
  • ノイズキャンセリングが優秀すぎる
  • ワンタッチでノイズキャンセリング・アンビエント再生ができるが便利
  • マルチポイントがないのは残念
  • 接続は問題なし

音質がイイ

音質はクリアで非常に良かったです。
音楽を聞いているというよりは、音のある空間で音楽聞いている感覚になります。

音というより、空間ってかんじ。

音に詳しいわけではないので、感想がしょぼい(笑)

また、スマホの音楽を高音質にしてくれるLDACに対応しているので、

Youtube Musicを使用している僕でも、高音質な音楽を楽しむことができます。

ノイズキャンセリングが優秀すぎる

僕がWF-1000XM4で一番良かったところとしては、ノイズキャンセリングが優秀なところです。
電車で使用したところ、雑音が全くなくなり、音楽やYoutube再生に集中することができました。

図書館やカフェ・自宅などで集中して勉強や作業をするのには、もってこいのイヤホンです。

マルチポイントがないのは残念

一つのイヤホンで、同時に複数の機器と接続できるマルチポイント機能がないのは残念な点でした。

パソコンでYoutubeや映像を聞きながら、スマホでも動画・音声を聞くことはできません。

その場合は、いちいち設定で切り替える必要があります。

接続は問題なし

接続は問題なしといったところです。朝の通勤電車の人が多い場所では、ときどき接続が途切れたりしますが、気になるレベルではありません。

また、自宅で使用する際、部屋をまたいで使用すると、接続は途切れます。

同じ部屋内では、接続が途切れることはないので十分です。

WF-1000XM4はランニングに使えるのか?


WF-1000XM4はIPX4の防水性能を備えていますので、汗をかくような運動やランニングに使用しても問題ありません。

また実際に僕が走ってみて、ノイズキャンセリングで音楽を聴きながらランニングするのも没入感があってとても良かったです。

しかし、イヤホンの装着感がイマイチよくないです。

ぽろっと落ちることは今までありませんでしたが、少し不安があります。

その点ですとAnker Soundcore Liberty Air 2 Pro の方が装着感があってランニングには向いていると思います。

最後に、WF-1000XM4をおすすめしたい人・できない人

最後に、WF-1000XM4をおすすめしたい人・できない人を紹介していきます。

おすすめしたい人

  • 高い音質で音楽を楽しみたい人
  • 高いノイズキャンセリング性能で、電車・バスなどで使用したい人
  • 自宅・図書館・カフェで集中して勉強・作業をしたい人

おすすめしない人

  • ランニングなど、スポーツ時で激しい動きをしながら使用したい方

ランニングなどスポーツをしながら使用したい人にはおすすめできませんが、かといって全くできないわけではありません。

むしろ高い音質とノイズキャンセリング機能を求めながらも、運動に使いたい人であれば、購入して問題ないと思います。

以上!mochioでした。


ABOUT ME
mochio
国公立の大学院修了後、町の工場へ就職した28歳。 大学での研究生活が縛りに縛られていたため、社会人になってからは興味を持ったものにはすぐに飛びつくようになりました。 現在はサウナと読書が生きがい。 当ブログは、日常にあるものをちょこちょことレビューしていくブログです。