書評

自己分析の方法が分からなければメモを取ればいい!メモは究極の自己分析だ!|メモの魔力

こんにちはmochioです。

今回は最近36万部達成し、2019上半期ビジネス書ベストセラーとなった本「メモの魔力」を読了しましたので、感想を述べていきます。

こんな人におすすめの本です

  • 就職活動中で自己分析に悩んでいる方
  • 自分の夢や行くべき方向に迷っている方
  • 漠然とメモの取り方を知りたい方


 

メモの魔力の概要(amazonより引用)

著者 前田 裕二

SHOWROOM株式会社代表取締役社長。1987年東京生まれ。2010年に早稲田大学政治経済学部を卒業後、外資系投資銀行に入行。11年からニューヨークに移り、北米の機関投資家を対象とするエクイティセールス業務に従事。数千億~兆円規模の資金を運用するファンドに対してアドバイザリーを行う。13年、DeNAに入社。仮想ライブ空間「SHOWROOM」を立ち上げる。15年に当該事業をスピンオフ、SHOWROOM株式会社を設立。同年8月末にソニー・ミュージックエンタテインメントからの出資を受け、合併会社化。著書『人生の勝算』はAmazonベストセラー1位を獲得(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

本の概要

発売日 : 2018/12/24
本の長さ : 222ページ

メモの魔力の紹介文

僕にとってメモとは、生き方そのものです。メモによって世界を知り、アイデアが生まれる。メモによって自分を知り、人生のコンパスを持つ。メモによって夢を持ち、熱が生まれる。その熱は確実に自らを動かし、人を動かし、そして人生を、世界を大きく動かします。誰にでもできるけど、誰もまだ、その魔力に気付いていない「本当のメモの世界」へ、ようこそ。

内容を一言で要約

夢をかなえたいなら人生のコンパスを見つけろ。そのためにメモを取りまくれ。

 

印象に残った内容について

メモの方法

自分の見聞きした気づきをファクト(事実)として書く。
気づきを実用可能な大きさへと変換する(抽象化)
抽象化した内容を自分に置き換えて考える(転用)

メモの意味

メモは単なる記録ではなく、自分を知るための手段であり、
自分のことを深く知ることができれば、夢をかなえることができる。

メモの魔力 感想

少し前すごい盛り上がりのあったライブ配信アプリ「SHOWROOM」の代表である、前田氏の頭の中を垣間見たかったため読み始めました。

メモの取り方をレクチャーした本なのかなと読書前に思っていたのですが、
実際は僕の予想を裏切り、自己啓発的な内容の本でした。

正直自己啓発本は意識の高い大学生が読む本みたいなイメージを勝手にもっていましたので、毛嫌いしていたのですが、
著者前田さんの文章の熱量に圧倒され、読了後は満足感の高い本となりました。

そもそも、自己啓発的な情報を並べているわけではなく、
1冊の本の中で論理的に、流れるようなストーリーを読んでいるような感覚になるため、あっさり読めます。

自己分析の方法が詳しく書かれているので、就職活動中に特に読みたかった本です。
僕の就活中の自己分析は、本とか全く使わず、紙とペンだけでテキトーにやってしまったからね。

なかでも本書の巻末に自己分析に使う質問が1000問もあるのは圧巻です。
社会人でもやるべきみたいなことは述べられていますが、ちょっと時間が足りないかも(笑)

でも自分を知るきっかけとなるよう、僕もメモとってみようかなぁと思わせる1冊でした。

余談

27歳になったいま、10年以上前の記憶を思い出すとき、
「あれ?これって夢だったっけ?」と思うことがよくあります。
現実にあったことと、眠っている間に見た夢の区別がつかないのです。
こういったことありません?
特に生活には支障はありませんが、自分の見聞きしたことは、紙に書いておくようにしたいなぁと思いました。この「メモの魔力」を読んでかんじたことです。

以上、mochioでした!

ABOUT ME
mochio
国公立の大学院修了後、町の工場へ就職した28歳。 大学での研究生活が縛りに縛られていたため、社会人になってからは興味を持ったものにはすぐに飛びつくようになりました。 現在はサウナと読書が生きがい。 当ブログは、日常にあるものをちょこちょことレビューしていくブログです。