考え事

歯ぎしり対策のために、マウスピースを作ってみた

こんにちは。mochioです。

困っている人
困っている人
歯ぎしり防止のためのマウスピースを作ってみたいんだけど、
どんな感じなんだろう?

こんなことを考えている方へ向けての記事です。

本記事では、筆者mochioが初めてマウスピースを作ったときのことと、
実際にマウスピースを使ってみた感想を書いていきます。

僕、歯ぎしりがひどいことを知らされる

ある日、筆者mochioは、寝ている間の歯ぎしりがひどいことを彼女に指摘され、寝れないと言われてしまいました。

確かに朝起きたとき、歯がジンジンと痛むことはあったのですが、それが歯ぎしりによるものだとは知りもしなかったのです。

mochio
mochio
彼女にも悪いし、歯にも悪いし、マウスピース作るか。

そう思い立ち、歯医者へ行きました。

マウスピース作りに歯医者へ行った

予約

歯医者なんて何年振りだろうか、今はネットで予約できる歯医者があるんですよね。

希望の診察内容の項目がいくつかあって、チェックを入れる予約方法なのですが、
マウスピースの作製なんて項目がないので、とりあえず「歯科検診」にチェックを入れます。

初診

さて予約当日になり、歯医者へ行くのですが、予約内容が歯科健診になっていたので、受付時にマウスピースを作ってもらいたいです。と伝えました。

特に問題なく了承してくれました。

初診になるので、歯の中を一通りみてもらい、レントゲンも撮影し、歯の状態を見てもらいます。
ありがたいことに虫歯はなかったのですが、歯ぎしりと食いしばりがひどいそうで歯が削れているみたい。

お医者さん
お医者さん
このままいけば40,50代くらいに、歯が割れるよ

恐ろしいこと言いますな。先生。

と、いうことでサクッと歯型をとり、初診は終了。

2週間後にマウスピースができあがるので、また来てねということ。

初診は30分程度。素早い処置。感服いたします。

2回目の歯医者

初診から2週間後、マウスピースを受け取りに行きます。

なにやらマウスピースは、歯が綺麗な状態でつけないと歯に良くないそうで、
虫歯がある場合は、治療してからつけることをおすすめされていました。

僕は虫歯がなかったので、歯のクリーニングだけで済みました。

実際にマウスピースをはめてみる。

ぴったり!

歯ぎしりでずれる心配もないくらいぴったりしています。

と、言うことで2回目の歯医者も30分程度。

手際がよろしいこと。

特に次の予約を取らされることもなかったので、またしばらくは歯医者に行くことはないでしょう。

マウスピースを作るまでにかかった値段

マウスピースを作るまでにかかった値段は、合計で5000円くらいです。

マウスピース代が保険適用で3000円。病院代が初診であったため、+2000円くらいで合計5000円です。

思ったより安かった印象です。

マウスピースを使用して寝てみた

早速マウスピースを使って寝てみました。

第一印象としては、

気になる!!!

です。

口の中にものを入れた状態で寝るなんて、赤ちゃんのときのおしゃぶり以来でしょう。
おそらく27年ぶり・・・

違和感ありすぎて寝つけなかったです。

マウスピースを使用後の朝

朝の目覚めはとても悪かったです。
慣れないものを使いながら寝ていたので、熟睡はできていない気がします。

歯医者の方もいっていましたが、最初は違和感があると思うので、
徐々に時間を延ばして慣れてください。

歯医者の方もそういっていた気がします。

慣れれば、マウスピースがなきゃ寝られないくらいになるそうです。

以上!まだマウスピースをつけたまま寝られません

今回はマウスピースを作って使ってみたことを記事にしてみました。
今も使ってはいますが、寝ている途中で外してしまいます。

いつか朝までつけていられる日が来るだろうか・・・

以上!mochioでした!

ABOUT ME
mochio
国公立の大学院修了後、町の工場へ就職した28歳。 大学での研究生活が縛りに縛られていたため、社会人になってからは興味を持ったものにはすぐに飛びつくようになりました。 現在はサウナと読書が生きがい。 当ブログは、日常にあるものをちょこちょことレビューしていくブログです。